NEWS



新型コロナウィルスの感染拡大に伴う在宅勤務態勢への移行について

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う在宅勤務態勢への移行について

株式会社メディア・ヴァーグ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:浦山利史)は、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、当社社員、お客様、パートナー様の安全確保、ならびにお客様に安定したサービスを継続的に提供するため、2月17日(月)から、在宅勤務を原則とする体制へ移行したことをお知らせします。期間は現時点で未定とし、今後の状況を鑑みながら、2月28日(金)までに延長を判断します。

【実施概要】

目的:社員、お客様、パートナー様の感染リスク軽減と安全確保

開始日:2020年2月17日(月)

期間:未定(2月28日〈金〉までに延長を判断)

実施内容:

1.在宅勤務の実施

全社員を対象に、可能な限り在宅勤務を原則とする。

2.混雑時の通勤を回避

やむを得ず出社をする場合は、交通機関が混雑する時間を避けて通勤する。

3.オフィス勤務時の措置

出社する全社員に対し、アルコール消毒、出社前の体調チェックなど、感染を予防する行動を義務づける。

4.スケジュールの調整

期間中のミーティング、アポイントメントなどは、可能な範囲でリスケジュール、Web会議への変更といった調整を行う。

※状況により、勤務体制の変更、追加対応を検討する予定。

当社は、今後も持続可能なサービスの提供を目指し、社会情勢に応じた迅速な対応を行ってまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。